大好きな音楽が出来る会社に就職活動

就職先を見つけるコツ

>

これまでに音楽の経験があるのか

音楽の経験を伝えておこう

これまでに習っていた楽器や、受賞歴などを面接で伝えてください。
音楽に触れていたことを伝えると、即戦力になると思わせることができます。
ある程度音楽の知識を持っている新人なら、すぐに仕事を任せられます。
どこの会社でも、即戦力になる人材を求めているでしょう。
難しい仕事でもクリアできれば、上司が目に留めてくれるかもしれません。

知識を豊富に持っていることを、アピールしてください。
自分が他の人より才能を持っていることをわかってもらえないと、採用してもらえません。
何ができるのか、たくさん伝えることが大切です。
会社の求人を見つけただけで満足してしまう人が見られますが、面接が最も重要な部分だと忘れないでください。

履歴書でアピールする方法

口頭で自分ができることや能力を伝えたいかもしれませんが、面接の時間は限られています。
たくさんの人が就職を希望している会社だったら、1人に長い時間を確保できません。
非常に短い時間で自分のことを理解してもらうためには、履歴書が非常に重要なカギを握っています。
口頭で説明する時間がなくても、履歴書に習っていた楽器や受賞歴などを記載すれば面接官が読んでくれます。

自分に興味を持ってくれるかもしれません。
また、綺麗な字で書いてあると印象が良くなります。
汚い字では印象が悪くなりますし、何て書いてあるのかわかりません。
汚い履歴書を送った場合は、間違いなく不採用になるでしょう。
採用してもらえるように、丁寧に書いてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る